田舎暮らしならではの贅沢なお花見!桜の木の下で焚き火をしながら桜パーティー

田舎暮らしにはいろいろと不便なこともありますが、良いこともたくさんあります。

このブログでは田舎暮しの楽しみ方も記事にしていきたいと思っていますので、今回は、ちょっと手がこんだ贅沢なお花見の様子をご紹介します。

桜の木の下で焚き火をしながらお花見

焚き火をしながらお花見

お花見と言えば、公園で場所取りをして、桜の木の下にブルーシートを敷いて、みんなで輪になってお酒やご飯を食べるというのが一般的かと思います。

しかし、私の住む田舎、淡路島にはこの時期たくさんの桜の木がいろんな所に咲き乱れているので場所取りをする必要はありません。

田舎の中でも里山の方に住んでる私たちは、私有地内に桜の木が咲き乱れているので、誰の許可も取ることなく桜の木の下で焚き火をしながらお花見を楽しむことができるのです。

桜の木をライトアップしてお花見

ライトアップされた桜の木を見上げる

ここまでは田舎の一般的なお花見スタイルなのですが、今回は雰囲気をよくするために桜の木をライトアップしてみました。

この日はゲストが数名いらっしゃったので感想を聞いてみると

  • 火を見てるとなんだか落ち着くよね
  • 桜をライトアップする一手間で雰囲気が変わるね
  • 花見の時期は肌寒いから火があると暖かくていいね

思いつきで設置したライトと焚き火は思いのほか役立った様子。特に「火を見てるとなんだか落ち着くよね!」というのは、先日ティピーで一晩過ごした時に私も感じたことでして、これから焚き火ができる空間を淡路島マンモスの中に増やしていこうと思います。

ティピーの中で焚き火をしながら一晩過ごした様子を動画にまとめました。

来年はお花見宿泊プランを用意したい

桜の木をライトアップして、焚き火を用意するだけで、いつものお花見の雰囲気がガラッと変わることがわかったので、来年は淡路島マンモスでお花見宿泊プランを用意しようと思います。

淡路島マンモスの様子や楽しめることはFacebookページとウェブサイトでご案内していますのでよろしければご覧ください。