はじめてのブッシュクラフトナイフにおすすめ!モーラナイフ「コンパニオン」の種類と特徴を直接メーカーに聞いてみた

コスパがすごく良いブッシュクラフトの道具として有名なモーラ・ナイフの「コンパニオン」。アマゾンや楽天でナイフを探しているとよく見かける”あの緑色の柄”が特徴的なブッシュクラフトナイフ。

アマゾンや楽天で調べていて気付いたのですが、モーラ・ナイフ「コンパニオン」は同じ緑色の柄でも商品名が若干ことなります。そこでそれぞれのアウトドアナイフの違いをメーカーに直接問合せて聞いてみました。

これからモーラ・ナイフ「コンパニオン」を買おうと思っている人が種類の違いを知れるようにまとめましたのでぜひご活用下さい。

ブッシュクラフトナイフ「コンパニオン」の種類

実はモーラ・ナイフ「コンパニオン」の種類はたくさんあります。

ブッシュクラフトナイフとして有名なモーラ・ナイフ「コンパニオン」。アマゾンや楽天で3種類ほど見つけたので取り合えずメーカーのサイトで確認しとくか、くらいの気持ちで調べてみると実はナイフの種類は3種類どころではありませんでした。

アマゾンや楽天で私が見つけたコンパニオンの種類は以下の3つ。全く見た目が同じで最初は違いに全然気が付きませんでした。

  • モーラ・ナイフ コンパニオン ヘビーデューティ
  • モーラ・ナイフ コンパニオン カーボン
  • モーラ・ナイフ コンパニオン ステンレス

そしてモーラ・ナイフ・ジャパンのサイトで新しく見つけたコンパニオンの種類は以下の通り。

  • モーラ・ナイフ コンパニオン タクティカル
  • モーラ・ナイフ コンパニオン ブラックブレード
  • モーラ・ナイフ コンパニオン レスキュー (波刃)
  • モーラ・ナイフ コンパニオン セレーテッド (波刃)

最初に見つけた種類と合わせてモーラ・ナイフ「コンパニオン」には7つの種類があるようです。モーラ・ナイフ・ジャパンのサイトで見つけた4つの種類は名前からして何か特別な用途に使うためのナイフなような気がします。

どの「コンパニオン」を買ったらいいかメーカーに聞いてみた

ブッシュクラフトナイフの刃の厚さが違う。また素材の違いでサビやすさに注意。

モーラ・ナイフの輸入代理店をしている会社に「はじめてアウトドアナイフを買う人」や「これからブッシュクラフトを始める人」に合ったモーラ・ナイフ「コンパニオン」の種類はどれですか? と聞いてみました。

ご提案いただいたのは、以下の3つのブッシュクラフトナイフ。楽天やアマゾンでよく見かけるタイプのコンパニオンでした。

モーラ・ナイフ コンパニオン ステンレス

モーラ・ナイフ コンパニオンのステンレスは、刃の厚さが2.5mmで色が緑を含め6種類あるそうです。特徴は、錆びにくいことと色が選べるので初心者向きですとの回答をいただきました。

モーラ・ナイフ コンパニオン カーボン

モーラ・ナイフ コンパニオンのカーボンは、刃の厚さが2.0mmで錆びやすいので要注意とのこと。ちなみに、コンパニオンの商品名についているMGは緑色のことらしいです。(なんとかグリーンの略でしょうか)そしてもちろんMG色がモーラ・ナイフのベストセラー色とのこと。

モーラ・ナイフ コンパニオン ヘビーデューティ

モーラ・ナイフ コンパニオンのヘビーデューティーはカーボン素材で、刃の厚さが3.2mmとほかの種類より分厚いです。そのため耐久性に優れつつカーボンの鋭い切れ味をキープするのが特徴。

ただし、こちらもカーボン素材のナイフなので錆びやすいとのことです。

はじめてのブッシュクラフトナイフはモーラ ナイフ ヘビーデューティーMG

私が買ったのはモーラ ナイフ ヘビーデューティーのMG色

モーラ・ナイフの輸入代理店さんから直接きいた説明を元に商品を選ぶと「耐久性」「切れ味」「人気色」で優れているモーラ ナイフ ヘビーデューティーのMG色になりました。

ちょうど先ほどクロネコヤマトさんがモーラ・ナイフ「コンパニオン」のヘビーデューティーMGを届けてくれたのでこの記事で使っている写真は撮りたてホヤホヤ。

はじめてのブッシュクラフトナイフ選びの参考になると幸いです。ぜひご活用下さい!

私が買ったモーラ・ナイフ・コンパニオンのヘビーデューティーMG↓

サビに強く初心者向きなモーラ・ナイフ・コンパニオンのステンレス↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする