淡路島に星空観光コンテンツを作る!星空の観測環境を下調べ

今、淡路島の星空を観光コンテンツにできないか考えています。この写真は淡路島マンモス HOTEL&COTTAGEのダイニングルームから見れる星空を撮った写真です。

LINEで友達と淡路島の星空についてブレストしながら撮ったんですが、なんだかおもしろいコンテンツが作れる気がしてきました。

星空観測環境を左右する淡路島の光害状況

星空観測をするに当たって、とても大事なのはその地の人工的な明るさです。光の害と書いて光害というらしく光害マップというものがありましたので見てみました。(淡路島の光害マップ

淡路島マンモスは光害の無い比較的暗い場所に位置しているのが分かります。日本中、世界中を見渡すと淡路島より真っ暗な場所はたくさんありますが、京阪神からのアクセスの良さを考えるとバランスの良い位置にあるのだと思います。

淡路島の星空紹介方法

写真もいいですが、動きがある方がイメージが湧きやすいと思いますのでタイムラプスで紹介しようと思います。

テストでタイムラプスを撮ってみたのですが、満月の日にテストしたので星の明るさが十分に伝わらない動画になりました。次回のテストは新月の日に行おうと思います。

動画の中で星とは別に赤い光がピュンピュン飛んでるのが見えると思いますが、これは飛行機です。関空へ向かう飛行機が結構な頻度で飛び交っているんですね。

淡路島の星空コンテンツ+α

淡路島の星空観光サービスは今年の秋から冬に開始しようと思っています。夏が終わり秋になると夜は冷えると思いますので焚き火を用意して雰囲気の良い空間を演出したいなと思います。

さらにもう2つほど、秘策があるのですが調査不足なのでこれらの秘策が現実的なものでしたら別途ご紹介しようと思います。

星空案内人になる予定

最後に、星空案内人の資格を取得しようと思います。独学もいいですが、体系的に学べる方が効率良さそうですし学んだことを現場で実践していろいろ発見するプロセスって楽しいですよね。それに資格あった方が無名の星空マニアより安心感ありますし。

この記事”淡路島に星空観光コンテンツを作る”は、淡路島で星空観光サービスをリリースするまでの様子を「淡路島で星空観光」という当ブログのカテゴリーでご紹介していきます。

それでは、また!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする